EN

IMPACT LAB

インパクトラボ

新型コロナ下で、心に勇気を与えるメッセージ

この状況下の中で最前線で頑張っておられる医療従事者、介護関係者、行政職員などすべての方たちに感謝申し上げます。

人類が経験したことのない規模の社会的影響が生まれている新型コロナですが、その中でまっすぐに社会にビデオメッセージを出している人たちに心が動かされ、勇気づけられます。私自身が勇気づけられたメッセージをいくつかご紹介します。

NPO法人抱樸の奥田理事長のビデオメッセージ

「住まいや仕事を失うひとをひとりにしない社会へ」

https://readyfor.jp/projects/covid19-houboku

長年生活困窮者支援をしてきた奥田さんが4月28日に発表したメッセージ。仕事や家を失う人たちが広がる恐れがある中で、これから起こる自殺などの「コロナ関連死」を防ぐために1億円のクラウドファンディングをスタートさせています。このときに発表されたメッセージが、心に響きます。#家から支えよう  

これからの日本社会の形、そして私たちの考えるべきことを伝えてくれます。一見の価値ありです。

本田圭佑選手の「世界の医療従事者へのメッセージ(英語)」

https://twitter.com/kskgroup2017

数多くの著名人がビデオでメッセージを出していますが、その中でも、本田選手のものは印象に残ったのでご紹介します。世界を舞台に活躍する本田選手ですので、英語で発信しているのですが、訥々と真摯に語る感じが、勇気づけられます。

かわいい5歳のNovaさん(米・アラスカ)の呼びかけ(英語)

https://www.youtube.com/user/CCTVNEWSbeijing

もうひとつは、アメリカのとてもかわいい女の子のメッセージです。(英語ですが英語字幕つき)「おうちにいて、お友達と遊べないのは残念かもしれないけど、どこにもいかないで。手を洗うのよ、私真剣よ。」と語りかけます。

今、人と人のリアルなつながりを持つことを避けなければいけない中で、映像を通じて「つながる」感覚となるうえで、まっすぐなメッセージが伝わりやすい状況になっているなと感じています。

大変な状況が続きますが、奥田さんがおっしゃるとおり、家から支える、家からできることを考え、行動していきたいですね。

関連記事

もっと見る