株式会社ファンドレックス – FUNDREX

”社会を変える”を実現する

Receive Support/支援を受ける

Sympathy to CM/発信力強化研修

発信力強化研修

弊社オリジナルの研修メニューとして、人気の高い「発信力強化研修」は、ファンドレイジングの基本を押さえながら、自団体の強みを端的に相手に伝えるために「コンパクト・ダイアログ研修」「共感CM研修」「成功モデル体得研修」を組み合わせて展開いたします。自団体らしい支援メニューを具体的に検討して、発信する研修は、ワークショップ型で進められ、単に教授される内容だけでなく、他団体の事例と掛け合わせながら「気づき」を活かして進めていくため、ダイアログのための資料や共感CMといった具体的な「もの」が残るだけでなく、評価して改善する力が身に付きます。
発信力強化研修 風景画像

コンパクト・ダイアログ研修

発信力強化研修 風景画像
自分たちの団体のことについて、たった「1分間」で伝えることができることができ、しかも相手からもっと話が聞きたいと思わせることができるようになれば、よいと思いませんか?また、コンタクトな接点を持った時に説得力の高い「説明資料」で印象的な説明ができれば、相手との関係性が飛躍的に改善されると思いませんか。この研修ではこうした接点面での強化をするために、デモンストレーションを通じて、自分たちの活動紹介や取り組んでいる社会的課題の現状、そのための解決の提案、参加のしかたなどを伝えていきます。

共感CM研修

ファンドレイジング戦略設計型

共感CMは、「見る」「聞く」「読む」が同時に進行するビデオのチカラを使って、団体のミッションやビジョンをわかりやすく伝えるために活用できます。これは「ファンドレイジング」は難しくとらえずに、「共感を獲得する」という観点でとらえようとする考え方に立っています。NPOは社会的な課題があり、その解決のために、存在しています。社会的課題とその解決策を伝え、ボランティアや寄付といった力強い支援を引き出して行くことが、求められています。共感CMづくりは具体的に手持ちのパソコンを使って共感CMを自分自身の手で作りますが、それは実際に団体の一員であるあなたがそのスキルを磨くことによって、団体としての発信力がかわり、自分たちにあったものへ常に保ち続けていくことができるのです。そしてそれは、団体の「ファンドレイジング力」を高めることにもつながり、出来上がった共感CMはまた、どんどんと関係者からその周りへと広がり、支援をつなぎだすもとになっていくのです。

「誰でもできる」共感CMづくり研修

お手持ちのパソコンを使って、ファンドレイジング力を高め共感の輪を広げる、団体のCMづくりを学びます。特別なソフトではなくパソコンに標準的に入っているソフトを使うので、誰でも簡単に情報発信のスキルが身に付きます。また制作作業を通じて、ファンドレイジングでの効果的な情報発信のコツがよくわかります。

※研修ではWindowsのパソコンで、マイクロソフト、Windows Movie Maker2.6をつかって進めていきます。OSがXP、Vistaの方は、ご自身のパソコンに上記のソフトが入っているか、確認をしておいてください。

OSが7や8の場合には、以下のアドレスからダウンロードしておいてください。

Windows Movie Maker2.6

成功モデル体得研修

個人との関係性を「ソーシャル」な観点から、NPOも企業も行政も取り組み始めています。また、オンライン寄付や物品寄付などいままで日本社会になかった寄付のしかたも広がってきています。こうした地域における「志」金循環の成功モデルの実例研究を通じて、自団体でも始められる具体的なやりかたを学び取っていきます。他団体の成功事例やノウハウを数多く収集している専門家から、ファンドレイジングの基本に照らし合わせた解説を加えて、展開していくため、自団体への導入を検討するためにポイントが容易に把握することができます。

ぜひ、あなたの団体でもこうした発信力強化研修に取り組んでみませんか?

発信力強化研修 風景画像
Page Top