株式会社ファンドレックス – FUNDREX

”社会を変える”を実現する

Receive Support/支援を受ける

Support/支援事例

弊社では数多くの事業を支援してきていますが、いくつかのパターンでその事例をご紹介します。


ASIA PACIFIC ALLIANCE FOR DISASTER MANAGEMENT (APADM)

地域国際機関の設立を支援

災害時に経済界、NGO、行政が国境を越えて相互支援する地域機関であるAsia Pacific Allianceの設立支援。戦略設計、設立に向けたファンドレイジング、イベント企画、HPの作成等を支援。2010年から2年間支援を実施し、アジア諸国でのパートナー発掘調査、各国での企業・NGO向けワークショップ開催。

2011年には国連大学にてInternational Summitを企画運営。2012年10月にアジア閣僚級防災会合で正式発足に至る。

 

ASIA PACIFIC ALLIANCE FOR DISASTER MANAGEMENT (APADM)

データベース導入・活用支援 1

Microsoft Dynamics CRM Online
先進事例としてMicrosoft社のHPで紹介されている4団体すべてへのサポートを弊社で行っています。

 

Microsoft Dynamics CRM OnlineのNPO向けページ

データベース導入・活用支援 2

サービスを受ける前は、ファンドレイズの戦略やPDCAが確立されておらず、計画はあるものの、ややアットランダムな資金調達活動になっていたことが課題でした。
コンサルティングを受ける過程で、組織として何から取り組まなければならないかぼんやりしていたものが、明確になり、確信となりました。第三者の、かつファンドレイズの知識と経験のある視点から、組織の強み、弱みをご指摘いただくことで、強みを損なわないように弱みをカバーしながら、いかに戦略をたてるかを、考えるようになりました。
Salesforceの導入においては、比較的早い段階で、団体内で寄付者データベースの活用イメージを描けたのが、とても良かったです。
現在は、ファンドレイズのPDCAがやっと少しまわるようになりました。これを毎年の計画の中で実践し、財務面での安定化を図るべく自己財源の目標額を達成できるようになることが、次の目標です。

 
特定非営利活動法人ACE
代表 岩槻由香 様
IT/資金調達担当 山下みほこ 様

 

世界の子どもを児童労働から守るNGO ACE

イベント設計

愛フェス(開催地愛知県。2日間で約3万5千人が集まるチャリティフェスティバル)の第一回開催から関わり、イベント全体企画構想、NPO村の設立運営、参加NPO向け研修、協賛獲得などを実施)。第三回愛フェスでは事務局全体調整業務も実施。日本発の親子のチャリティウォーク(愛ファザWalk)の企画運営にも携わる。

 

愛知初の大規模ファンドレイジングイベント|愛フェス2013

ファンドレイジング研修のモデル化

佐賀県内の40団体を対象に半年間の発信力強化研修を実施。
ファンドレイジングの基本、自団体の関係性の棚卸からスタートし、共感CM作成研修、コンパクト・ダイアログ研修、企業営業研修を通じて、飛躍的に参加団体の発信力が改善した。

2012年12月には佐賀CSO夢フェスタを開催。1000人が来場し、研修参加団体のうちの10団体が見違えるプレゼンテーションを実施。参加者の投票により、大賞を選考するイベントとして成功した。(写真)

同様の研修を神奈川、島根、広島、熊本などで展開。

ファンドレイジングの戦略構築

月1回程度の定期的なコンサルティングを行うケースと4-6ケ月間の集中的なコンサルティングで、戦略設計から実施支援までを行うケースに分かれる。

定期的ミーティング型の例
3・4月 年度当初に1年間のファンドレイジング計画を協働で作成同計画がひとつひとつ着実に成果につながるように、月次MTGを開催。その都度必要な改善事項を提案(いくつかの月の事例を表示)
6月 夏休みに主催する海外スタディツアーの収益率を40%増加させる方策を検討
8月 ボランティアによるファンドレイジングチーム体制構築策の検討・募集開始
10月 年末・クリスマス募金のキャンペーンダイレクトメールの戦略・デザイン構築
1月 支援者データベースの業務フロー最適化策の検証など

一つ一つ着実に課題を解決し、1-2年間で明確に変化を生み出すことを目指すパターンです。

4-6ケ月の集中戦略コンサルティング設計の例
当初2月間 主な実施内容(以下の内容を組み合わせて実施します)・団体の財源構造やステークホルダーの分析を通じた潜在力診断

・ドナーレンジチャートを作成した分析

・理事やスタッフも参加するビジョン再設計・課題整理ワークショップ等により、その団体の実情にあったファンドレイジング戦略を立案
(月2-4回訪問、及び弊社内での分析作業)

3-6月目 上記ファンドレイジング戦略に基づき、最優先取り組み課題のキックオフを集中的に詳細設計し、スタッフトレーニング、業務マニュアル、実施支援、必要な協力機関の紹介などを行う。

 

お問い合わせはこちら

Page Top