株式会社ファンドレックス – FUNDREX

”社会を変える”を実現する

Special Needs/企業・行政・財団・大学の方へ

Support Introduction/各種支援事例の紹介

企業の皆さまへ

私たちは、民間非営利組織や社会起業家への専門的な経営改善支援経験を活かして、企業の社会貢献活動を支援する事業も行ってきております。

これまでの具体的な支援事例は次のようなものです。弊社のサービスにご関心のある企業がいらっしゃいましたら、ご遠慮なくご相談ください。詳しくご説明いたします

企業の社会貢献活動・企業の助成事業のサポート

企業の助成先のモニタリング・評価

これまで、一部上場企業のNPO等助成事業について、個々の支援先がどのような成果を出しているのか、どのような追加サポートが効果的なのかといったモニタリング・評価や、更に助成事業を改善するためにどのような方策があるのかという提案などを実施した実績があります。熟練した調査員がヒヤリングすることで、思わぬ成果や波及効果の情報が集まったり、あるいは予想していない課題点を抽出することができる等の効果があります。

企業の支援先NPO等が集まる、イベントの企画立案・運営

一部上場企業が社会貢献で支援したNPO等を一堂に集め、お互いの交流や知見・経験の共有を図る合宿型イベントを企画したケースでは、弊社が企画立案、当日のファシリテーション、事例発表者調整を請け負いました。過去の同社の同様の企画に比べて参加者満足度が大幅に改善しました。

企業の支援先NPO等へのコンサルティング

企業として社会貢献で資金や物資、ボランティアの派遣等でNPO等を支援するだけではなく、近年では、それらの支援先が更に発展的に成長できるように専門的な経営アドバイスが必要であるということに気づかれる企業が増えています。そうした企業様から弊社が受託し、支援先NPO等の経営改善のコンサルティングを行うサービスがあります。助成金や寄付、物資の支援がより大きな社会的インパクトを生み出す取り組みです。

行政の皆さまへ

これまで、ファンドレックスでは数多くの自治体等の行政機関との協働を行ってまいりました。その主要な事例を例示させていただきます。もし、弊社との協働にご関心のある方がいらっしゃいましたら、遠慮なくご連絡ください。

コンサルティング

神奈川県 受託事業(2011年~2013年)

県下の約40のNPO、公益法人に対して①集合研修、②各々6~8回程度の訪問コンサルティング、③全体での成果共有会を通じて、集中的に経営改善をする取り組みを実施
新しい公共支援事業」構成事業 活動基盤強化プログラム

長崎県 受託事業(2010年)

県下のNPOを対象として経営コンサルティングによる指導を実施
報告書(長崎県HP)

発信力強化研修

佐賀県 受託事業(2012年~2013年)

佐賀県内の40団体を対象に半年間の発信力強化研修を実施。
ファンドレイジングの基本、自団体の関係性の棚卸からスタートし、共感CM作成研修、コンパクト・ダイアログ研修、企業営業研修を通じて、飛躍的に参加団体の発信力が改善した。
2012年12月には佐賀CSO夢フェスタを開催。1000人が来場し、研修参加団体のうちの10団体が見違えるプレゼンテーションを実施。参加者の投票により、大賞を選考するイベントとして成功した。(写真)
同様の研修を神奈川、島根、広島、熊本などで展開。

上記と同様の研修パッケージは広島県、鳥取県でも実施。

また、その他、中央官庁、自治体、独立行政法人等の依頼による単発の講演、研修実績多数。

行政の皆さまへ

私たちの重要なクライアントが助成財団であると考えています。私たちは、助成財団の皆様の次のようなニーズに応えたいと考えています。

・効率的に助成先情報を管理したり、業務を管理するデータベースが必要である。
・助成先のNPO等が助成金を単に消費して終わりではなく、未来の成長に活かして自己財源を獲得できるようになってほしい。
・助成金審査を担当するプログラムオフィサーを、企画力や審査力の高い人材とするように能力強化をしたい。

私たちは、こうしたニーズに対応するため、次のようなサービスをご提供しています。ご関心のある方は、是非お問い合わせください。

データベース構築サービス

業界最高水準のセキュリティとクオリティがあり、カスタマイズの柔軟性も高いセールスフォースを活用し、弊社開発の助成財団パックを活かして助成先の管理や業務管理を最適化させるデータベースを構築します。通常の独自開発のデータベースに比べて、導入・ランニングコストは10分の1~3分の1、カスタマイズの柔軟性も非常に高いものとなっています。公益財団・社団の場合には、セールスフォース社から無償でシステム提供を受けられる可能性もあります。

助成先へのコンサルティング事業

財団としてNPO等を資金面で支援するだけではなく、近年では、それらの支援先が更に発展的に成長できるように専門的な経営アドバイスが必要であるということを指摘される財団が増えています。そうした財団様から弊社が受託し、支援先NPO等の経営改善のコンサルティングを行うサービスがあります。助成金がより大きな社会的インパクトを生み出す取り組みであり、同時に、「助成金が終われば事業が終わり」というようなNPO等にするのではなく、助成金を活かして、自立発展していくNPO等を増やす取り組みです。

プログラムオフィサー養成事業

助成財団のプログラムオフィサーの本来の業務は、助成候補先との緊密なコミュニケーションにより、助成申請を審査するというよりは、助成申請元のNPO等に「逆提案」をして、更に社会のための付加価値を高める取り組みを行うということにあります。弊社では、海外の助成財団の事例や日本での最新の動向なども踏まえつつ、職員向け研修を企画実施することができます。

財団の皆さまへ

ファンドレイジングは、これからますます、大学にとって重要なテーマになります。私たちは、大学のファンドレイジング力の強化に向けて、次のサービスを提供しています。
ご関心のある方は、遠慮なくお問い合わせください。

同窓会管理データベース・WEB設計

セールスフォースやマイクロソフトダイナミクスCRMを活用した同窓会管理、寄付者管理データベースの構築、そしてWEBと連動した効果的なコミュニケーション設計のご支援をすることができます。

ファンドレイジング戦略設計支援

日本でも大学が数百億円の寄付を周年事業等で集めるという事例が出てきました。こうしたキャンペーンの成功には一般化できる秘訣があり、弊社ではそうしたノウハウを集約化して提供することが可能です。基金設計、奨学金寄付なども含めた最適のファンドレイジング戦略の設計を行います。

ダイレクトメール設計支援(デザイン・印刷含む)

ダイレクトメールのデザインや設計を改善することは、ファンドレイジングの成果に大きな影響があります。タイミング、訴求メッセージ、寄付者の顕彰や名前の掲載など、トータルでのダイレクトメール戦略の構築から実際の制作まで行います。

大学職員向け研修

ファンドレイジングの成功は日常の同窓会事務、財務部の業務の延長線上にあります。大学のスタッフの意識を「ファンドレイジング体質」なものと変化させ、必要な基本的なスキルや成功事例についての理解を深めるための研修を行っています。

Page Top