株式会社ファンドレックス

”社会を変える”を実現する

Contact / お問い合わせ

弊社代表取締役、鵜尾雅隆がファンドレイジングについての学びや気づきを発信する人気メルマガです。
どなたでも "無料" でご登録可能です。概ね週1回程度配信されます。社会を取り巻く新しい動き、ファンドレイジングのノウハウなどが満載です。

鵜尾雅隆のブログ「ファンドレイジング道場」はこちら

お問い合わせフォーム


■□■□■□■□ファンドレイザーを元気にするマガジン■□■□■□■□

ファンドレイジング道場~黒帯への道  2008/8/4号(創刊号)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■□■□■□■

「ファンドレイジング道場」鵜尾雅隆です。

こんにちは!夏ですね!

まずは、メルマガにご登録いただいて、本当にありがとうございます。

お待たせしました!

いや~、ついに始まります、「ファンドレイジング道場~黒帯への道」

書いている本人も、このメルマガが今後どういう形になっていくのか

まったく分からずにいますが、とにかく、

「日本でファンドレイジングをする人を元気にしよう!」

ということだけにはこだわっていきたいなと思います。

一応、毎週月曜日の朝、お届けするということで考えていますので、これからも

是非よろしくお願いします。

さてさて、

NPOで頑張っておられて、

カネ(予算)ない、人足りない、モノもないということでお悩みの方も多いと思います。

実際に経営資源の確保は本当に大変ですよね。

一生懸命やってても、カネも人もモノも情報も、足りんものは足りん!

という声をよくお聞きします。

でも、NPOにとっての一番の経営資源は意外なところにあるものです・・・・?

==========■ 今日の道場 ■===============

1 NPOの経営資源・・・・「夢」

2 ファンドレイジングの基本技その1:夢+物語+場の3点セット

3 8月の気になるイベント

==================================

☆★☆1 NPOの経営資源・・・・「夢」★☆★

「夢」って素敵な響きですよね。

「夢がある」

「夢を実現する」

「夢にチャレンジする」

でも、毎日過ごしていると、

「夢だけでは食べていけない」

「夢みたいなことばかり言うな」

というようなことも言われたりします。

先日、You Tubeで「ランディ・パウシュの最後の授業」

→http://jp.youtube.com/watch?v=nrFMRuB2lbA

という、ビデオを見ました。

書店でも同じタイトルの本が出ていますので、読まれた方もいると思います。

余命数ヶ月の末期がんと分かった大学教授の「最後の授業」ですが、これが非常に

ユーモラスで、「夢」に満ち溢れています。

自分の死を前にしてもなお、ユーモアのセンスと自分の夢を持ち続ける

ということの素敵さを知らせてくれますよね。

特に、僕は末期がんだが君たちより元気だ!といって

腕立て伏せするところなんか、本当に素敵です。

死を前にして「夢」を語る。

「夢」というものの持つ力、人を惹きつける力を感じます。

この大学教授は先日なくなりましたが、ガンになったことが分かってからも、

やりのこしたいくつもの夢をかなえたそうです。

NPOにとって一番の経営資源って、やっぱり「夢」だなあと思います。

「夢」って基本的に前向きなメッセージを人に与えます。

でも、「夢」には「実現しそう」という期待感や、

その夢の実現に向けての方法論がはっきりしていたり、

あるいは一生懸命準備したり取り組んでいる姿がセットにならないと共感されません。

「夢」を語るということは、それ相応の覚悟、つまり、

「この夢の実現について絶対あきらめないで頑張るぞ」

という部分がセットにならないと説得力はありません。

だからこそ、「こういう状態を実現したい」という夢を力強く語れるNPOって

強いなと思います。

そこには、それを語るNPOのスタッフの「覚悟」がなんとなく、

オーラのように透けて見えるからです。

同じような言葉で、「ミッションを明らかにしよう」ということって

90年代中盤くらいからでしょうか、よく言われるようになりました。

でも、「ミッション」ってなんとなく出来上がると「硬い文章」

になりがちなんですよね。いまひとつ共感しにくくて、説明口調になりがちです。

この「ミッション」をもう少し相手にとって理解しやすく、

共感できるものにしていくうえで、「夢を語る」というつもりで、

自らの組織の実現したい状態を説明することが大切なように思います。

NPOが「夢」を語り、日本社会がNPOセクターに「夢」を託す。

そういう関係を築いていけるようにしていきたいですね。

==========■ Coffee Break ■==============

ファンドレイザーのための、今週の格言

「結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。

決してあきらめない姿勢が、何かを生み出すきっかけをつくる」

BY イチロー (3000本安打おめでとう!)

==================================

☆★☆ 2 ファンドレイジングの基本技 ★☆★

よく、「ファンドレイジングを改善したいのですが、

どこから手をつけたらいいでしょうか」ということを聞かれます。

ファンドレイジングの改善は百団体百通りで、こういう問いが一番

難しいのですが、

ものすごくシンプルに、特に中小規模のNPOにとって、

最初に最低限チェックする必要があることをあげろと言われれば・・・・

「「夢、物語、場」の3点セットをチェックすることが第一歩です」

ということを申し上げることがあります。

「夢」とは、

そのNPOが実現したい状態のこと。

一体何を実現したいのか、それがいかに具体的にイメージできるかがポイントです。

確かに、赤ちゃんや子どもの海外での臓器移植のための寄付キャンペーンは

お金が集まりやすいですし、実は、建物を建てるとか、何かイベントに向けた

支援金集めにはお金が集まりやすい傾向があります。それもすべて、

「実現したい状態」がいかにイメージしやすいか

ということにも繋がります。

この「夢」にいかに共感してもらえるメッセージに仕上げるかが第一のポイントです。

「物語」とは、

そのNPOが実際に実現している事業価値を表現するということです。これは、

そのNPOが有する「解決策」を受益者の物語で説明するということでもあります。

そのNPOが活動することで、誰がどんな体験をし、どんな状態になっているのか

ということを、分かりやすく説明できる物語があるのかというのが第二のポイントです。そのNPOが存在することで、こんな感動やこんな変化が生じているんですよということが、「人」をイメージしながら語れるかが第二のポイントです。

「場」とは、

そのNPOが有している社会との接点です。報告会、イベント、お茶会、

ボランティアの集い、などがあります。

どんなに素敵な夢も、素晴らしい物語も、伝える場が必要です。

文章でももちろん伝えられるのですが、

やはり、潜在的支援者や既存支援者と顔を合わせられる「場」というのは、

共感を広げるうえではとても大切なところです。

そうした場で、夢や物語がしっかりと共有される仕掛けがされているかどうか、

イベントなどを運営するスタッフが理解しているかどうかというところを見ていく

というのが第三のポイントです。

この「夢+物語+場」の三点セットですが、

こうした点を整理することは、単なるファンドレイジング上の効果だけではなく、

理事やボランティアのやる気向上にも繋がっていきます。

☆★☆ 3.8月の気になるイベントをちょっとご紹介 ★☆★

8月にファンドレイジング関連で気になるイベントをいくつかご紹介します。

●8月5日

【イベントタイトル】ファンドレイジングセミナー2008

第2回 8月5日(火)「ファンドレイジングに使えるホームページをつくろう!」

【時間】 18時30分~20時30分(事前予約必要)

【場所】 東京都/日本財団ビル2階会議室

【詳細】 http://www.npoweb.jp/modules/eguide/event.php?eid=25

【鵜尾コメント】 シーズ主催ファンドレイジングセミナー全6回の第二弾です。

先日、ちらっと当日のテキストを拝見しましたが、とっても面白そうですよ。

HP作成のエキスパートによるセミナーです。

HP改善について考えている方、オススメです。

●8月19日

【イベントタイトル】ファンドレイジングを考えるつどいvol.2

~社会をハッピーにするファンドレイジングをはじめよう~

【時間】 13時45分~16時45分 (事前予約必要)

【場所】 大阪府/大阪府立女性総合センター(ドーンセンター)大会議室2

【詳細】 http://blog.livedoor.jp/osakanpo/archives/50610490.html

【鵜尾コメント】最初の1時間は私(鵜尾)がお話をさせていただきます。

「社会をハッピーにするファンドレイジング」について、大阪のNPOの皆さんと

語り合う、とっても楽しみなイベントです。

===========■ 発行者 ■================

発行・運営者 (株)ファンドレックス 代表取締役 鵜尾雅隆

ご質問・お問い合わせはこちら→info@fundrex.jp

ファンドレックスのHPはこちら→http://www.fundrex.jp

ファンドレックスは、「ファンドレイジング道場」を主宰したきた鵜尾が、

NPOや公益法人でファンドレイジングの改善を通じて、夢を実現しようと

真剣に考える組織や人を、真剣に支援するために創業した、ファンドレイ

ジング成功支援に徹底的にこだわったコンサルティングの会社です。

※ブログ版「ファンドレイジング道場」http://dojo.livedoor.bizも

引き続きよろしくお願いします。

==================================

<メルマガの登録解除>

メルマガ新規登録はこちら→http://fundrex.co.jp/mailmagazine/index.html

登録メールアドレス変更はこちら→http://fundrex.co.jp/mailmagazine/index_2.html

メルマガ登録解除はこちら→http://fundrex.co.jp/mailmagazine/index_3.html

このメールマガジンは、コンビーズメールの配信システムを使用しています。
メールマガジンが届かない場合はこちらのページから詳細を報告してください。

Page Top